おだやかに暮らす

子なし妻のなにも産まないブログ

なにも産みだしていないアラフォー女のあれやこれや

【40代子なし夫婦】2023年の投資方針決定しました!

 

こんにちは。
子なし妻のすーです。
生産性なく毎日を過ごしています。

 

12月に2024年の開始の新NISAの概要が発表されましたね。

それを踏まえて2023年の我が家の投資方針をお正月休みに夫婦で話し合いました。

今回は我が家の2023年の投資方針を紹介します。

 

今回の記事は

・40代夫婦がどんな投資をしているか気になる方

・新NISAに向けてどんな準備をするのか気になる方

に参考になると思います。

 

 

 

1.我が家の状況

・子なし夫婦2人暮らし

・夫婦とも40代

・夫は正社員、妻は契約社員の共働き

・田舎の一軒家(住宅ローン返済済)、車1台所有

・FIRE(経済的な自立を実現させて、仕事を早期にリタイアすること)を目指し、貯蓄・投資に励んでいる

 

2.去年(2022年)のFP相談で投資方針を変更

去年、FIREに詳しいFPの先生に我が家がこれからFIREを目指すに当たってどうすればいいか相談しました。

自分なりにFIREについて調べたり、行動したりしていましたが、周りにFIREしている人がいなかったので、不安で客観的に判断してほしかったからです。

 

お金はかかりましたが、新しい知識が加わり、投資方針を変えるきっかけになり、やってよかったなと思いました。

FP相談は2022年やってよかったことの1つです。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

投資を始めた時にやったのが配当の出ない投資信託を毎月定額積立で買っていくという簡単な方法でした。

その方法をファンドや金額を変更しつつも継続していました。

 

しかし、配当の出ない投資信託だと、FIRE後は生活の為に投資信託を解約していくことになり、相場がよくない場合には、元本が少なくなっていくことが考えられます。

毎月定率や定額で解約すれば、計画も立てられるので、それでもいいかなと素人考えで思っていましたが、FPの先生によると、それでは元本が減って、不安が出てしまう人がいるということでした。

FIRE後に安心なのは元本の伸びは小さいが、配当が出るものとアドバイスをもらいました。

 

色々考えた結果、今持っている投資信託はそのまま置いておき、新たに投資するものは配当の出るETFREITに変更することにしました。

 

そのため、去年まではつみたてNISAで投資信託を購入していましたが、今年から一般NISAでETFREITを購入することにしました。

 

投資信託(配当なし)→ETFREIT(配当あり)
つみたてNISA→一般NISA
 

3.新NISAの概要とそれに向けての目標

そんな投資方針の変更をして、来年から一般NISAでがんばっていこう!と思っているところに2024年からの新NISAの概要決定のニュースがありました。

 

詳しくはNHKニュースをご覧いただくとして…

 

www3.nhk.or.jp

 

簡単に書くと…

・新NISAは投資できる期間、非課税で運用できる期間ともに無期限になる

・一般NISA、つみたてNISAの一本化

・つみたて投資枠で年120万、成長投資枠で年240万円の合計360万円、生涯で1,800万円を非課税で投資できる

見込みということでしょうか。

 

せっかく今年からつみたてNISAから一般NISAに変更したのに来年には一本化…

(´・ω・`)

でも、それよりも使い勝手がよくなりそうでうれしいです!

 

1,800万円は毎年360万円ずつ投資すれば、最短で5年で満額になります。

360万円×5年=1,800万円

 

相場にもよりますが、なるべく早めに1,800万円にして、その後も運用を続けるのが一番いいようです。

5年は難しいかもしれませんが、我が家もなるべく早めに夫婦ともに1,800万円に到達することを目標にします!

 

4.FP相談、新NISAを踏まえての2023年の我が家の投資方針

2023年の投資方針 ①引き続きiDeCoは夫婦とも満額投資(外国株投資信託
②(new)一般NISA枠で米国株ETF米国債ETFを毎月積立
J-REITをスポットで購入
④(new)2024年からの新NISAで早く1,800万円の満額入金できるように現金余力は残しておく

 

②一般NISA枠で米国株ETF米国債ETFを毎月積立は、1月1日に設定したので、あとは自動です。

 

毎月確認しないといけないのは、③のJ-REIT位です。

 

④2024年からの新NISAで早く1,800万円の満額入金できるように現金余力は残しておく、は現金余力も残しておくともに気持ち的にも余裕を持って新NISAに望めるように知識も深めていきたいです!

あと、来年のつみたて投資枠でクレジットカードのポイントを貯められるように還元率の高いクレジットカードの作成を検討していこうと思います。

 

生きてる間にお金を上手に使うことが目標○

貯めるのも大事だけど、使う方がもっと大事ですよね。

 

年末に買って大正解だった電気毛布。

足元が暖かいだけでQOL上がる!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 ↓押してくれるとうれしいです!(^^)!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ


ミニマリズムランキング

子供なし夫婦ランキング

 

【子なし夫婦2人暮らし】2022年12月の家計簿を公開


 

こんにちは。
子なし妻のすーです。
生産性なく毎日を過ごしています。

 

2022年4月から我が家の家計簿を公開し始めました。

記事を作成するにあたって自分で家計を把握できるという利点があるからです。

 

我が家の家計簿を参考にして、家計改善したい人に見てほしいです。

 

 

 

 

1.我が家の暮らし

・子なし夫婦2人暮らし

・夫婦とも40代

・夫は正社員、妻は契約社員の共働き

・田舎の一軒家(住宅ローン返済済)、車1台所有

・FIRE(経済的な自立を実現させて、仕事を早期にリタイアすること)を目指し、貯蓄・投資に励んでいる

 

2.2022年12月家計簿

我が家の家計管理方法についてはこの記事でまとめています。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

今回はこの中のマネーフォワードで管理している家計簿を公開していきます。

家計簿は自分なりの分類をしています。

分類の仕方はこびと株さんを参考にしています。

【自由への家計簿】超具体的な家計簿のつけ方 ポイント5選【簡単】 - こびと株.com

 

我が家の分類はこんな感じです。

 

  月予算 年間予算
基礎生活費 ・食費 
・外食 
水道光熱費 
・通信費
・日用品 
・車両関係費 
・交通費 
 
・税金、社会保険料 
・医療費 
・車検 
・家具・家電 
NHK 
ふるさと納税 
・お年玉 

ゆとり費 ・月のこづかい
例)飲み会、本、
カフェ、ランチ
・栄養食品

・年のこづかい
例)服、美容院
プレゼント、化粧品
習い事、一人で行く旅行
・2人でいく旅行 
・冠婚葬祭費 
・プレゼント

 

予算は…

基礎生活費(月)88,500円/月

基礎生活費(年)484,000円/年 40,333円/月

ゆとり費(月)25,000円/月

ゆとり費(年)700,000円/年 58,333円/月

合計 212,617円です。

 

①基礎生活費(月予算)

予算 88,500円/月

実績 62,806円


f:id:ssu-chan:20230106070430j:image

外食が予算オーバー。

前半に東京旅行に行った際の外食が響きました。

あと、念願だった静岡おでんも食べました。


f:id:ssu-chan:20230106075753j:image


f:id:ssu-chan:20230106075825j:image

(牛すじがNo.1でした!)

美味しかったので、悔いなし!

 

静岡おでんは黒いスープが特徴。

黒いスープなのにさっぱりですよ。

だし粉をかけるのが定番◎

お試しあれ!

 

 

 

オーバーしましたが、お正月は外食せず調整したので、まぁまぁの結果です。

 

②基礎生活費(年予算)

予算 484,000円/年 40,333円/月

実績 66,670円


f:id:ssu-chan:20230106070507j:image

 

お年玉もふるさと納税も必要経費。

医療費は歯の詰め物がとれてしまったので、歯医者に行きました。

若い頃から歯は大事にしとくべきだったと40にして気づきました。

虫歯多いんですよね〜。

 

③ゆとり費(月予算)

予算 25,000円/月

実績 11,587円


f:id:ssu-chan:20230106070546j:image

 

夫婦共に貯めたポイントをおこづかいで消費しているので、金額少なめです。
夫は年末の飲み会の影響でいつもより高め。
 
 

④ゆとり費(年予算)

予算 700,000円/年 58,333円/月

実績 106,265円


f:id:ssu-chan:20230106070621j:image

 

夫婦ともこづかいが予算オーバー。

二人ともコートを購入したのが響きました。

ですが、二人ともお気に入りのコートを買えたので、大満足。

5年位は大切に着たいと思います!

 

3.2022年12月家計簿のまとめ・感想

2022年12月の家計簿総額は予算212,617円のところ、実績247,328円でした。

 

全体的に予算オーバーでした。

コートを夫婦ともに買ったり、年末でお年玉やらふるさと納税やらで出費がかさみました。

 

でも、今月は気に入ったものを買ったり、旅行に行って楽しんだり、食べたかったものを食べたりして使った割には、その他の外食を減らしたり、お正月に無駄遣いしなかったりでメリハリがついたいい家計簿になったな〜と思います。

 

この本に書いているように思い出に残るものにはケチケチせず、お金を使っていきたいと思ってます。

 

 

バスツアー、気になる、、、

 

 

 

プロの目で家計をみてもらうのもいい方法だと思います◎

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 ↓押してくれるとうれしいです!(^^)!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ


ミニマリズムランキング

子供なし夫婦ランキング

2022年12月に読んだ本は13冊。おすすめを紹介します!

 

こんにちは。
子なし妻のすーです。
生産性なく毎日を過ごしています。

 

毎月読んだ本を公開し、おすすめ本を紹介しています。

 

2022年12月は13冊の本を読みました。

こちらの全13冊です。

f:id:ssu-chan:20221231061127j:image

f:id:ssu-chan:20221231061140j:image

その中で読んでよかった☆4と☆5の本を紹介します。

 

 

 

 

①「大人美容」地曳いく子・山本浩未著

 

20.30代とアラフォー以降では美容のやり方や意識の向け方が全く違うものになるということが勉強になりました。

美容にあまり関心のない私もこの本を読むと少しだけ意識高い系になりました。

今まで化粧水は規定量の0.8倍くらいしかつけていませんでしたが、この本を読んでから規定量通りたっぷりつけるようになりました。

(今までどんだけ意識低いの・・・(-_-;))

「デコルテまで顔」という名言の威力もすごい!!

 

②「クララとお日さま」カズオ・イシグロ

ノーベル賞を受賞してからカズオ・イシグロさんの本を読んでみたいと思っていました。

ノーベル賞受賞後初の小説「クララとお日さま」を読みました。

 

 

人が遺伝子編集を受けていたり、太陽の力を借りて病気を治したりとSFチックな部分とAIが人間に置き代われるかや大気汚染という現代問題を扱う部分が違和感なく物語に共存していて、著者の力があるからだなと思いました。


主人公のクララが純粋で健気でとてもいい子でした。

人間が複雑で多面性があるだけに余計にクララの一途で純粋な所が際立っていました

だからこそ人間はおもしろいんだけど…。

クララのように自己犠牲をしても親友を助けるというのは人間では無理かもしれないな~。

あんなに尽くしたのに切ないラスト…。

でも、とてもいい小説でした◎

 

③「行動最適化大全」樺沢紫苑著

悩みに対してのどう行動すればいいかのコツがイラスト付きで書かれている本です。

 

やってみようと思ったのは、

・健康のために必要最低限の運動は1日20分。通勤時間を運動時間として活用すれば、忙しくても達成可能。スマホを見ながらダラダラ歩くのではなく、早歩き!

・立ってできる仕事(書類を読む、電話をする)は立ってすると休憩になる

・TV、動画は運動しながら見る

・本を読んだら3つの気づき、3つのTo Do、心に響いた3文等をSNSで発信

 

イラスト満載で読みやすくなっていたり、最後に本で書かれたコツが一覧になっていて、実行しやすくなっていたり、読者のことをよく考えられた本だな〜と思いました。

 

④「女の園の星 2巻」和山やま著

 

1巻にもハマりましたが、2巻も面白かった~。

徐々に先生のプライベートが見え隠れするところが、リアルで、どんどんハマってしまう漫画ですね。

 

2巻は星先生の同僚の小林先生のプライベートがたくさん描かれていて、小林先生が好きになりました。

最初は、星先生が奥深い人だと思っていましたが、実は小林先生の方が掘っていくと色んな顔が隠れていそうで興味深い人になってきました。

 

3巻も発売したので、読みたいな〜。

 

読んだ本はブクログというオンラインサイトに登録して、整理しています。
感想や評価が入れられてとても便利ですよ。
https://booklog.jp/users/8suu4
ほとんどの本は図書館で借りて読んでいます。
そんな図書館のメリットはこの記事で語っています。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 ↓押してくれるとうれしいです!(^^)!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ


ミニマリズムランキング

子供なし夫婦ランキング

 

【40代子なし夫婦】お正月休みにやらなかったこと、やったこと

 

こんにちは。
子なし妻のすーです。
生産性なく毎日を過ごしています。

 

我が家は一足早く12/28から夫婦揃ってお正月休みに入りました。

12/28〜1/3の7日間がお正月休み、そして、1/7~1/9も三連休でお正月気分でした。

 

お正月前にこんな記事を書きました。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

今回は10日間でこの記事通りのことができたのか検証していこうと思います。

 

 

 

1.お正月休みにやらなかったこと

①大掃除→○

10月から大掃除でならぬ小掃除をしていたので、やらずに済みました。

お正月休みにのんびり過ごせるのは小掃除のおかげ。

ただ久しぶりに床の水拭きだけやりました。

食っちゃ寝していたので、運動もかねて。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

②お節づくり→○

本当に何も作りませんでした。

義実家からお餅やら数の子やらを送ってもらったので、お正月らしい食べ物といったらそれくらいで、あとはお正月に関係のないもの(主に鍋料理)を食べていました。

それで充分◎

 

2.お正月休みにやったこと

①生活リズムを崩さない→○

この歳になると、夜ふかししたり、朝寝坊したりして生活のリズムが崩れると具合が悪くなるんですよね。

いつもは21時半就寝、5時半起床です。

お正月休みはだいたい22時就寝、6時起床で、あまり崩れませんでした。

 

晦日は1時位に寝て翌日寝坊しましたが、2日にカフェに朝早く行くために、6時半には起きたのがよかったのかも。

いつも大晦日に夜更かしして生活リズムが崩れるパターンが多く、お正月明けに辛いことが多いんですが、今年はあまり辛くなかったです。

晦日の崩れを取り戻すのに2日の朝に予定入れるのは効果あるかも。

来年もこの作戦で行こう!

 

②食べすぎない→×

何を食べたかはあまりよく覚えていないけれど、ちょこちょこ食べていて、お腹が空くことがあまりありませんでした。

せめておいしいものを食べて食べ過ぎるならしょうがないと思うけれど、覚えていないというのが残念です・・・。

 

③運動する→○

ほぼ毎日夫婦2人で散歩していました。

平均で1日6,000歩は歩いていたので、合格点です。

ほぼ毎日ラジオ体操もしていたし。

2人でやるタイマッサージの本も図書館で借りてきていましたが、1日しかやりませんでした(-_-;)

 

 

④寒いのを我慢しない→○

毎日朝起きてすぐエアコンON、昼間は消して、夕方寒くなってきたらすぐONで寝るまで。

我慢せず、快適な室温で生活できました~。

 

我が家の暖房はエアコンのみで、暖房をつけていても、薄ら寒い時があります。

そんな時は年末に買った電気ひざ掛けが重宝しました。

下半身を温めると薄ら寒いというのは全くなくなりました。

買ってよかった~!

 

全く同じモノではありませんが、USBでないもの、大判サイズ、無地でリビングに合う色を選びました。↓ ↓

 

 

⑤本を2冊読む→○

3冊読みました。

その中でも「クララとお日さま」はよかったなぁ。

ロボットが人間になれるのか、家族になれるのかという難しいテーマの本ですが、カズオ・イシグロの優しい語り口で癒やされました。

 

⑥ブログ2本書く→○

10日間で5本は書きました。

大幅に目標を達成できました~!

ブログは書き出すと楽しくて止まらなくなってしまいますね。

 

⑦映画を2本観る→○

6本観ました~。

これも大幅に目標を達成!

 

6本の中でも「スキャンダル」がよかったです。

アメリカのFOXニュースの巨大な力を握っていたボスがセクハラで提訴されるという実話を元にした映画です。

ニュースキャスターが今後の自分のキャリアを考えてセクハラを明かすかどうか悩む様子がリアルでした。

3人の歳も状況も違う女性が出てくるのですが、協力するかと思いきや、「私だったら協力しようと言われても断る!」と言って協力を申し出ず、それぞれで力を尽くす所がよかったです。

物語だったら協力しただろうな、実話だからこうなったのだろうな~。

 

gaga.ne.jp

 

映画は地上波の録画で観ましたが、以前加入していたU-NEXTは映画たくさんで選び放題で最高でした。

「スキャンダル」も観られますよ~。

 

 

⑧使っていない食材を積極的に使う→×

ほとんど食べませんでした~。

牡蠣の缶詰を食べたくらい。

使っていない食材がまだまだあるので、1人ご飯の時やヨガ教室でご飯を作るのが面倒な時などに積極的に使っていかねば・・・。

 

⑨親に電話→×

そろそろ電話しなきゃ・・・。

 

⑩メルカリ再出品→○

再出品しましたが、売り上げは芳しくありませんでした。

お正月はめちゃくちゃ売れる!!って言ってたのは嘘だったのか??

 

3.まとめ

お正月休みのやらなかったこと、やったことの結果は○が9、×が3でした。

なかなかいい結果。

 

普段通りの生活リズムを崩さず、運動も適度にしつつ、自分の好きなことをのんびり楽しめたのでよかったです。

カフェに行ったくらいでお金もあまり使わず節約もできたし、そこそこ満足なお正月休みになりました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 ↓押してくれるとうれしいです!(^^)!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ


ミニマリズムランキング

子供なし夫婦ランキング

2022年 やってよかったこと 5選

こんにちは。
子なし妻のすーです。
生産性なく毎日を過ごしています。

 

2022年もあっという間でした。

お正月休みに去年やったことの振り返りをしました。

毎日は何となく過ぎていきますが、振り返ってみると細々とは挑戦しているんですよね。

今回はそんな中で2022年にやってよかったと思ったことを5つ書いていきます。

 

 

 

1.誕生日に大切な人に手紙に書いた

2022年に40歳を迎えました(・∀・)

節目の歳に今までちゃんと言葉にしていなかった感謝を伝えようと思いました。

日頃態度には示しているつもりですが、ちゃんと言葉にしないと伝わらないことってありますからね。

 

夫に今の気持ちや感謝を伝える手紙を書きました。

いつもはメッセージを送るとしてもLINEなので、喜んでいました。

そして、夫以上に私がすっきりして、いい気分になりました。

 

このイベントは40歳の節目としてやりましたが、毎年自分の誕生日に一番手紙を書きたい人に手紙を書くということをやってもいいなと思っています。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

2.FPにFIREの相談

FIREとは、経済的な自立を実現させて、仕事を早期にリタイアすることです。

我が家はFIREを目指しています。

でも、世の中的には定年が65歳だとか、老後2,000万円問題とかある中で、子どもがいないとはいえ、今の我が家の家計で本当にFIREを目指して達成できるのかという不安がありました。

自分なりにライフプランニングシートを作ったり、FIREの本を読んだりしていましたが、不安は拭えず・・・。

 

ここは、プロに相談しようということで、FPに相談しました。

しかも、FIREに強いという先生にお願いしました。

結果、我が家の現時点の家計がFIREに適しているか、や今後の戦略が分かりました。

今までは行き当たりばったりで何となくやっていた戦略を変えるきっかけになったことがやってよかった一番のポイントでした。

お金は結構かかりましたが、もんもんと悩んで何も行動しないより早めに相談してよかったです。

 

3.みさきまぐろきっぷでひとり日帰り旅

ドラマ「ソロ活女子のススメ」を観て、ソロ活に興味が出てきたので、にソロ旅(ひとり旅)をしてみました。

泊まりはハードルが高いので、まずは日帰り旅行で。

神奈川県の三浦・三崎を「みさきまぐろきっぷ」を使って、巡りました。

 

ひとり旅は初めてだったので、事前の準備をきっちりしましたが、予想外のできごとがあったり、ふらっと立ち寄る所がある方が楽しいという結果に。

今回のひとり旅では岩場で足を滑らせて、片足がぐっしょり濡れるというハプニングがあり、乾かすためにのんびり出来たことが忘れられない思い出になりました。

 

2023年はちょっとハードルを上げて、1泊2日のひとり旅に挑戦したいです!!

そして、ゆくゆくは海外ひとり旅へ・・・。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

4.札幌・小樽旅行

コロナ禍でほぼ県内で過ごしていましたが、もうそろそろいいだろうということで、思い切って札幌・小樽旅行に行きました。

7月に行ったのですが、私が住んでいる静岡県よりだいぶ涼しく、湿気もなく、避暑地として最高でした。

そして、北海道はお店も、道路も何もかも大きいことにびっくり!

ほっかいどうはでっかいどう、でした。

 

小樽の町並みも気にいったし、何より食べ物がおいしくて大満足の旅になりました。

 

新千歳空港で食べたこのタルト、めっちゃおいしかった~◎

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

5.ワードプレスで新ブログ開始

2015年からタイトル名を変えながらも細々続けてきた当ブログ。

7年経ち、そろそろステップアップしたいという気持ちが芽生えてきました。

そして、ずっと憧れていたワードプレスのブログを立ち上げました。

 

はてなブログと違い、慣れないことが多いですが、今までよりカスタマイズ出来る部分が広がり、ブログがますます楽しくなってきました。

 

このブログも今まで通り続けるので、両方見ていただけるとうれしいです。

すーすーブログ

 

ちなみに2021年にやってよかったことはこちら。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

2022年買ってよかったものランキングにランクインしたビッグフェイスタオル。

ちょうどいい大きさですよ◎

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 ↓押してくれるとうれしいです!(^^)!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ


ミニマリズムランキング

子供なし夫婦ランキング

お正月休みにやらないこと、やりたいこと

f:id:ssu-chan:20211224180646p:plain

 

こんにちは。
子なし妻のすーです。
生産性なく毎日を過ごしています。

 

我が家は一足早く12/28から夫婦揃ってお正月休みに入りました。

12/28〜1/3の7日間がお正月休みです。

帰省はせず、家でのんびりする予定です。

お正月休みは休養とリフレッシュをしたいので、がんばってやることはやりません。

 

今回は貴重な7日間を有意義に過ごすための計画を立てていきます。

 

この記事は

・お正月休みに予定がなく何をしようか悩んでいる方

・子なし夫婦は長期休みに何をしているか知りたい方

・お正月休みを休養とリフレッシュに使いたい方

の参考になると思います。

 

 

 

1.お正月休みにやらないこと

①大掃除

10月から小掃除をこまめにやっていました。

やるべき所は終わっているので、大掃除はしません。

いつも通りの掃除をします。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

②お節づくり

作る気もないし、作る技量もない…。

あったら食べるけど。(上から目線!)

おもちは好きなので食べますが、お雑煮は作らず、いつものお味噌汁に入れる予定。

 

2.お正月休みにやりたいこと

①生活リズムを崩さない

この歳になると、夜ふかししたり、朝寝坊したりして生活のリズムが崩れると具合が悪くなります。

いつも通りが一番!

晦日は例外ですが、その他の日はいつも通りの就寝時間、起床時間にして生活リズムを崩さないようにします。

 

②食べすぎない

休みの日はちょっと口寂しくなると、ちょこちょこ食べてしまいます。

土日くらいならいいけれど、7日間ともなると身体が重くなる・・・。

朝昼晩をしっかり食べ、なるべく間食を控えて、空腹の時間を作ろうと思います。

 

③運動する

仕事の日は駅まで歩いたり、昼休みに歩いたりしていますが、休日は用事がない限り出歩きません。

寒いし。

そうすると身体が重くなり、余計動かなくなり、負のループ・・・。

毎日散歩するか、YouTubeでエクササイズしようと思います。

お正月休み用に2人で出来るタイ・マッサージの本、DVDを図書館で借りてきているので、それをやるのも楽しみです。

 

 

④寒いのを我慢しない

お金を使ってどこか出掛けているわけでなし、家でのんびりするのだから暖房代はケチらず、寒いと感じたら暖房をつけようと思います。

 

我が家の暖房はエアコンのみです。

暖房をつけていても、薄ら寒い時があるんですよね。

 

電気ひざ掛けは電気代のあまりかからないと聞いて購入しました。

これが大正解。

下半身を温めると薄ら寒いというのは全くなくなりました。

お正月休み前に買ってよかった~!

 

全く同じモノではありませんが、USBでないもの、大判サイズ、無地でリビングに合う色を選びました。↓ ↓

 

 

⑤本を2冊読む

毎月本を約10冊読んでいます。

なので特別なことではありませんが、お休みなので自己啓発系の本ではなく、小説や暮らし系の本をのんびり読もうと思います。

 

⑥ブログ2本書く

ブログを書くのも習慣なので、書かなくなるとぱったり書かなくなってしまいます。

いつも通りちょこちょこ書いて、7日間で2本くらいは書こうと思います!

 

⑦映画を2本観る

録画した映画が溜まっているので、観たいです。

コロナになってから長い休みは動画配信サービスにスポットで加入していましたが、今年はTVerと録画で乗り切ろうと思います。

 

とか言いつつ、U-NEXTは映画たくさんで選び放題で最高でした。

おすすめです◎

 

 

⑧使っていない食材を積極的に使う

賞味期限切れの食材が多数あります。


f:id:ssu-chan:20221229072753j:image

 

ここぞと言うときに食べようと思っていた、牡蠣の缶詰や流行っているときに買った、いなばのカレーの缶詰等。

年末に紅白を見ながら、たらたら食べようかな~(・∀・)

 

⑨親に電話

帰省していないので、せめて電話でもしようと思っています。

 

⑩メルカリ再出品

お正月はメルカリの売り時という話を聞いたので、売れていない商品を値下げしたり、再出品したりしようと思っています。

お小遣い稼ぎするぞ~!

 

3.まとめ

お正月休みは普段通りの生活リズムを崩さず、おいしいものを間食せず、運動も適度にしつつ、自分の好きなことをのんびり楽しむ時間にしようと思います。

 

何をしようか考えているだけで楽しみ!

 

みなさんもよいお正月休みを〜。

 

お正月休み後の結果は・・・

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 ↓押してくれるとうれしいです!(^^)!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


ミニマリズムランキング

【2022年版】 読んでよかった本 ベスト5~167冊からの選りすぐり~

こんにちは。
子なし妻のすーです。
生産性なく毎日を過ごしています。

 

今回は私が2022年中に読んでよかった、心に残った本を紹介します。

2022年は現時点(2022.12.18)で167冊読んでいます。

その中から5冊に絞って紹介します。

本の内容、どんな人におすすめする本かを書いていきます。

 

 

 

ベスト5 「馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。」藤森かよ子著

衝撃的なタイトルなので、アラフォーになって図太くなった私でも、図書館で借りるのを少し躊躇しました。

でも、諦めずに借りてよかった本!

 

「私は馬鹿ブス貧乏じゃないからな」と思っても、一般的に言われる、馬鹿ブス貧乏ではないので、ほぼ皆さんに当てはまると思います。

馬鹿は「一を聞いて一を知るのが精一杯の人」、

ブスは「顔やスタイルを売りにして食べていけない人」、

貧乏は「賃金労働をしなければ食べていけない人」と定義されています。

 

世の中の自己啓発本は小難しいことが書いてあり、著者は自分と違って能力が高いからな~、私は出来ないや・・・と本を閉じてしまいがちですが、この本は馬鹿ブス貧乏でも実現可能なことが書かれています

そして、世の中の本当(裏)を綺麗事なしで書いてあり、それを説明するにあたっての参考文献もたくさん示してくれています。
それだけで終わりではなく、世の中の本当への対応策も愛情深く書かれています。

 

例えば・・・
・普通のブスはきれいになることを目標にするのではなく、「見やすい」自分になることを目標にすべき
・結婚相手に求める条件で絶対なのは国語能力
等…

 

この本は青春期、中年期、壮年期という3部構成になっています。

私は青春期はもう過ぎてしまいましたが、青春期の部分を読んで、青春期を過ごした中で私がおぼろげに感じたことが文章にされていて、驚きました。

ということは、中年期、壮年期も同じように思うはず。

この本を読んでおけば、予習しておけるので、後悔が少なくなると思いました。

 

できれば、もっと早くに出会いたかった!

でも、今さら言っても仕方ないので、中年期、壮年期を熟読しようと思いますっ!!

10代、20代の人におすすめしたい本です。 

 

 

ベスト4 「自分の意見で生きていこう」ちきりん著

この本は「自分のアタマで考えよう」「マーケット感覚を身につけよう」「自分の時間を取り戻そう」の続編で、最終巻に当たります。

今までの3冊と同様に現代に生きる人が身につけるべきスキルについて書かれています。

 

この本で学べるスキルは「正解のない問題」に意見を表明するためのスキルです。

・世の中のあらゆる問題には「正解のある問題」と「正解のない問題」がある。

・「正解のない問題」に対して、自分で考え抜いて意見を表明することによって、自分オリジナルの人生が生きられる。

・意見を明確化するための方法(情報収集方法等)

が書かれています。

 

この本で、一番心に響いたのは、

「リスクをとりたくないからといって、自分の意見を明確にしないのは、一歩も進めないまま年齢を重ねていくいう選択肢を選んだということ。むしろリスクが高い。」

という箇所。

私は優柔不断で、決めることが出来ないのは決める時期じゃないから・・・と決断を先延ばしにする傾向がありました。

だけど、決めなかったんじゃなくて、よく考えないで現状維持を選んだんだということ。

そんな意識なかったのに・・・。

それが積み重なると大きな違いになるなと怖くなりました。

 

少しずつですが、こうやってブログに自分の意見を書いたり、日記に考えていることをつづったり、自分の意見を表明する練習をしていこうと思います。

 

私のように今まで何となく生きてきたけれど、自分の人生を生きていきたいと思っている人に読んで欲しい本です。

 

 

ベスト3 「きみはだれかのどうでもいい人」伊藤朱里著

県税事務所に勤める年齢も立場も異なる4人の女性たちの視点で描かれる小説です。
私も同じような仕事をしているからか人間関係や仕事に対するモチベーション等、共感ばかりでした。

 

それぞれの章ごとに主人公が入れ替わるんですが、みんなの気持ちがわかります。

根っから悪い人なんていないんですよね。

一面だけ切り取ると「なぜそういう行動をしたの?」と思えることも、その人の気持ちになって全部見れば理解できるんです。 

SNS で一面だけ見て、寄ってたかって誹謗中傷している人への警鐘、またそれを見て何も言わない人への警鐘かもしれません。

 

「きみはだれかのどうでもいい人」ということは「きみはだれかの大切な人」ということ。

そうやって想像することが大事だと考えされられました。
そして、その時の気分に流されている他人に大事な自分を傷つけられる筋合いはない、今の時代、適度に発散しつつ自分の身を守る力が一番大事なのかも、と感じました。

 

この世の中、生きづらいな~と思っている人におすすめの本です。

 

 

ベスト2 小説8050 林真理子

今問題になっている8050の問題を題材にした小説です。

 

歯科医の父、従順な妻、優秀な娘がいる平均以上の家庭。

しかし、その家庭には7年間引きこもっている息子がいます。

その息子がいるがために、娘の結婚等が問題になってきて、、、と家族がどうなっていくかが描かれています。

 

私たちの学生時代もいじめや就職氷河期等による不登校、ひきこもりが身近にあり、誰にでも起こると認識してはいます。

でも、それは一時的なもので、そんなに長くひきこもりをしたり、家族がさせ続けたりするかな?と思っていました。

しかし、この小説を読んで、普通の家庭でも8050問題になることはあるなと感じました。

小説としても面白いし、社会問題を知る意味でもおすすめの本です。

 

ラストは最初の一見すると完璧な家庭より悪い状態になっているけど、中身はそれぞれ自立した存在で、お互いを思い合って信頼してる関係になっていて清々しい結末でした。

 

 

ベスト1 「非色」 有吉佐和子

戦後黒人兵と結婚し、幼い子を連れてニューヨークに渡った日本人女性が主人公の小説です。

主人公を通してアメリカの人種問題が描かれています。


日本は島国なので、こういう差別が身近に感じられず理解しづらいので、この小説は人種差別を理解する上でとても勉強になりました。
差別する側、される側、無意識の差別がひとりの人の中に含まれていて、複雑でなかなかなくせなくて、、というのが人種差別の学術的な本を読むより感覚的に理解できます。

 

また、主人公の女性の若くて型破りで無鉄砲な人生が読み進めていくにつれ、どっしりと現実に根を下ろしながらも力強く生きていく人生になっていくところも読み応えがあります。

 

人種差別について学ぶことができますし、女性がパワフルに生きていく話が好きな人にもおすすめです。

 

 

2021年版も読んでいただけるとうれしいです。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

読んだ本はブクログというオンラインサイトに登録して、整理しています。
感想や評価が入れられてとても便利ですよ。
https://booklog.jp/users/8suu4
ほとんどの本は図書館で借りて読んでいます。
そんな図書館のメリットはこの記事で語っています。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 ↓押してくれるとうれしいです!(^^)!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ


ミニマリズムランキング

子供なし夫婦ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ミニマリズムランキング