おだやかに暮らす

子なし妻のなにも産まないブログ

なにも産みだしていないアラフォー女のあれやこれや

みさきまぐろきっぷで一人旅


f:id:ssu-chan:20220406092905j:image

 

こんにちは。
子なし妻のすーです。
生産性なく毎日を過ごしています。


「ソロ活女子のススメ」というドラマを知っていますか?

主人公(江口のりこさん)が色々なソロ活をしていき、心も開放されていくというドラマです。

私はそのドラマが大好きで、ブログでもドラマの感想を書いています。

 

odayakaniikiru.hatenablog.com

 

「ソロ活女子のススメ 2」が4月から始まるので楽しみ〜☆

 

今回はそのドラマの影響を受けて、ずっとやってみたかったソロ活をした記録です。

ずっとやってみたかったソロ活とは、ひとり旅!

一人でご飯を食べたり、映画を観たりするのは大丈夫なんですが、一人旅は結構ハードルが高い。

ですが、コロナ禍にあって、なかなか友達と予定を合わせて旅行も難しい今、この時を逃したらもう機会はないと重い腰を上げて一人旅してきました。

 

一人旅といっても、初めてなので、日帰り旅です。 

話を聞いたときから行ってみたかった京急電鉄が売り出しているお得な「みさきまぐろきっぷ」を使ってのぶらり旅。

 

みさきまぐろきっぷは「電車&バス券」「まぐろまんぷく券」「三浦・三崎おもひで券」がセットになっているお得なきっぷです。

みさきまぐろきっぷ | おトクなきっぷ | 遊ぶ・出かける | 京浜急行電鉄(KEIKYU)

 

切符の買い方、おすすめのルート、温泉などを時系列に紹介していくので、参考にしていただけるとうれしいです。

 

 

1.みさきまぐろきっぷ購入

前日に抜かりなく用意。

お風呂に入る予定なので、タオルも準備。

(このタオルが別のことに使われることになるとは前日には知る由もない…)

前日には易占いをして、備えていました。

ちょっと役に立ったかな?

 

 

7:30 仕事行くのと同じ時間に出発

同じ時間に出発、駅までの道のりは変わらないのに、足取りは軽い♫

いつもと反対方面に向かう電車に乗るだけでわくわくします。

今回の旅のお供は「ルーティーンズ」、長嶋有著の小説です。

 

9:30 横浜駅でみさきまぐろきっぷを購入

券売機できっぷ→お得なきっぷから買えます。

切符が3枚出てきます。


f:id:ssu-chan:20220406091101j:image

案内所でパンフレットをもらっておきましょう。

スマホで見れますが、紙の方が一覧になっていて見やすいです。

パンフレットを眺めながら目的地の三崎口駅へ。

京急電車のシートはふかふか。

いつも乗っているJRの座席と全然違う!

 

2.ランチ

10:34 三崎口駅到着

10:47 三崎口バス停より城ヶ島行きのバスに乗車

バスに乗るとき、みさきまぐろきっぷの場合は、何もしなくてOKです。

降りるときにみさきまぐろきっぷAを運転手さんに見せるだけです。

 

11: 15 城ヶ島バス停到着

城ヶ島灯台を見学。


f:id:ssu-chan:20220406091125j:image

 

そして、早々に腹ごなし。

呼び込まれた、磯料理 かねあさんに入店しました。


f:id:ssu-chan:20220406091142j:image


f:id:ssu-chan:20220406091227j:image

看板ネコ

 

11:30 ランチ


f:id:ssu-chan:20220406091211j:image

春休み中なので、混んでいるかと思いきや、時間が早かったからか、1番のり。

食べているうちに何組か入ってきました。

 

みさきまぐろきっぷのまぐろまんぷく券を使い、ランチします。

マグロ漬け、ビンチョウマグロ、メバチマグロ、ネギトロ、釜揚げしらすがのった丼、マグロの煮こごり、味噌汁、たくあんがついたセット。

普通においしい丼ですね。

おすすめというほどではないかな~?

 

平日の特典でミニソフトクリームもサービスでいただきました。


f:id:ssu-chan:20220406091242j:image

結構ちゃんとした量。

全然ミニじゃない。

 

かねあさんの横の小道に猫が何匹もいて、猫スポットでした。


f:id:ssu-chan:20220406091302j:image


f:id:ssu-chan:20220406091315j:image
f:id:ssu-chan:20220406091333j:image

人懐っこく、近づいてくるので、撫でせてもらいました。

癒され〜♡

 

3.ウミウ展望台、馬の背洞門

12:00 かねあ出発

迷って交番で道を尋ねました。

心配になるくらい誰にもすれ違わず。

 

12:30ミウ展望台


f:id:ssu-chan:20220406091353j:image

鳥はいるけれど、ウミウかはわからなかったです。

 

f:id:ssu-chan:20220406091406j:image

 

ミウまでは余裕だけど、馬の背までは急勾配で足元が悪い。

馬の背でようやくたくさんの人が。

一人旅なので、他の人がいると心強く感じます。

 

12:35 馬の背洞門


f:id:ssu-chan:20220406091426j:image
f:id:ssu-chan:20220406091442j:image

岩場で魚や蟹を見つけている家族がたくさんいました。

 

大事件発生!!

岩場で足が滑って、片足が海へ。

岩の苔がぬるぬるしていて、滑ってしまいました。

メッシュの靴を履いていたので、海に入ったのは一瞬だったけど、靴下ぐっしょり濡れた(´・ω・`)

がーん、がーん。。。


f:id:ssu-chan:20220406091458j:image

温泉のために持ってきたタオルで足を拭いたり、靴下を乾かしたり。

こんなことに使うことになろうとは・・・。

気を持ち直して、乾かしながらのんびり。

 

4.温泉

13:25 白秋碑前バス停出発

13:45 油壺入口バス停到着

徒歩で温泉を目指すもなかなか着かず、疲れ気味…。


f:id:ssu-chan:20220406091513j:image
f:id:ssu-chan:20220406091521j:image

14:10 油壺温泉到着、お風呂

三浦・三崎おもひで券を使って、日帰り温泉を楽しみます。

貸しフェイスタオル付きなので、手ぶらでも大丈夫です。

私は、家に帰ってお風呂に入らなくていいように髪も洗いたかったので、家から分厚いタオルも持参しました。

バスタオルも有料ですが、貸してくれるようです。

 

結構歩いたけど、温まって気持ちがほぐれる~。

温泉は海の水みたいで、しょっぱいです。

露天風呂からは散りかけの桜が見え、その奥に海が見えてきれい。

油壺温泉に来るなら桜の時期がおすすめ。

 

座って入れる大きいお風呂とぬるめの樽風呂があり、大満足。

 

化粧水、乳液、ヘアウォーターもあり、設備もしっかりしていました。

 

15:10 お風呂終わり

 

f:id:ssu-chan:20220406091534j:image

 

無料の休憩所があります。

WIFIもありました。

ついたての隣はいびきをかいているおじさんがいました。

気持ちよさそう~◎

私も少しのんびり。

バスまでの時間があれば、もう少しのんびりしたかったなぁ。

 

レストランも併設されていました。

私は入らなかったんですが、海をみながら食べられる感じでした。

このレストランもまぐろまんぷく券が使えます。

 

温泉がとても気に入ったので、温泉&海鮮丼でこの施設で半日過ごすのもありだな~。

 

5.休憩でマック

15:35 油壺バス停出発

引橋バス停で乗り換え

時間かからず乗り換えられるつもりが乗り換えるバスが先に行ってしまい、20分待つ。

近くのベイシアでブラブラ。

ベイシア、私がいつも行くスーパーよりも安い!

 

16:08 引橋バス停出発

16:20 上宮田バス停到着

三浦海岸をチラ見しつつ、マックへ。

 

16:25 マックで休憩


f:id:ssu-chan:20220406091551j:image

海岸が見えるカウンター席に陣取り、海を眺めながら、紅茶とアップルパイで舌鼓。

 

16:55 マック出発 徒歩で三浦海岸駅まで

17:05 三浦海岸駅出発

17:55 横浜駅到着

 

6.使ったお金

横浜までの電車代 3400円くらい

みさきまぐろきっぷ 3480円(横浜から)

マック 100円(紅茶はアンケート答えて無料)

夕ご飯 768円

合計 7,748円

 

一人旅、1日めいいっぱい遊んで、8,000円以下ならコスパいいんじゃないでしょうか?

 

みさきまぐろきっぷを使いましたが、本来なら

横浜、三崎口間の電車 1,160円

バス4回乗ったので 300円位×4=1,200円

ランチの丼 1,200円位

温泉 1200円

合計4,760円位

がかかるはずでした。

みさきまぐろきっぷ(3,480円)ー4,760円=-1,280円

1,280円位お得だったことになります。

三浦・三崎付近で遊ぶならみさきまぐろきっぷ買った方がいいですね。

 

7.感想

地元の人もバスを日常で使っている感じでした。

平日だからかバスが時間ぴったりに来るのにびっくり。

私の実家の近くのバスは10分遅れ位が普通。

バス停へは遅れ気味に行くのがいいと思っていましたが、ここではそれでは乗り遅れてしまいます。

時間ぴったりだから地元民も使うのかもしれないですね。

本数は区間によりますが、1時間に2~3本位ありました。

 

一人旅の最初は予定通りこなさなきゃという思いが強く、こなしている感じでしたが、馬の背洞門で靴下がびしょ濡れになってから、予定が狂い、かえって気持ちに余裕が出て、一人旅を楽しめる心境になってきました。

旅行に予定調和はつまならい!

 

温泉はやっぱりいい!

一人旅は美味しいグルメと温泉があれば成功するんじゃないかと思いました。

体が温まると気分が落ち着き、楽しくなってきます。

 

海を眺めながらのマックの時間は最高でした。

海では多分女子高生らしき2人組が青春っぽいことをしていて、見ているだけで楽しかったです。

カウンターの隣ではおば様方が楽しそうな旅行の話をしていて平和でほのぼのしていてうらやましかったな。

 

私は旅行でいつもと違う場所(観光地)に行って見たことないものを見たいというより地元の人の暮らしを見たいのかも。

ベイシアで日用品を見たり、バスを日常に使う様子を感じたり、女子高生やおば様方の様子を観察したりするのが楽しかった。

 

初めての一人旅、まだ勝手がわからず、前半戦が楽しみきれませんでしたが、徐々に慣れるにつれ、一人ならではの気ままな楽しさがわかってきた気がします。

 

一人旅、またやってみたいな。

またみさきまぐろきっぷでやるならどこか観光地+油壺温泉で温泉と海鮮丼ランチにしてゆ~っくり過ごしたいです。(油壺温泉が気にいった◎)

それとも、今度は別の場所に泊まりで行ってみようか?

おいしそうなグルメと温泉のあるところ、調べてみよう!

 

旅エッセイがすきです。

角田光代さんの旅エッセイ。

「アジアは水で、ヨーロッパは石」という表現にとても共感。

 

江國香織さんの独特な世界観が旅によく合う~。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 ↓押してくれるとうれしいです!(^^)!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ


ミニマリズムランキング

子供なし夫婦ランキング

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

ミニマリズムランキング